スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
藤子・F・不二雄ミュージアム

さぁーーーって、
いつの間にやらどっかにいっちゃっていました
6月に東京へ行ったぞレポ
1ヶ月以上も前の話になっちゃったんで、
記憶がねー、
かなーりあやふや

2日目。
高尾山にてガッツリ汗をかいて登山をした後に、
電車を乗り継ぎまして、
川崎市にある

藤子・F・不二雄ミュージアム

行ったノダ−

まずは、最寄り駅「登戸」からシャトルバスが出ているんだがね・・・

もう、このバスを見ただけでテンションあがりますがなー

パーマンバス

車内にはねー

こんなピンポンがあったり
(でも、シャトルバスで途中下車ないから、押す必要がないのよね)



つり革にもパーマンがいるのだ。
よいねー


他にもね
オバキューバス

ちなみに、どのバスも(だっけな?)
ナンバーが「2112
これが、ドラえもんが誕生した年だそーな。
こだわってますなー
さすが、バッグに市がついていると、違うね(ホントか?)

ピンポンかわええねー。

だーから、途中下車できないから、押すことないじゃーん。
って押してもええのか?
押したら「ピンポーン」ではなく
「キュッキュッキュ キュキュッキュキュッ」
とでも鳴るのか???
試してみればよかった。。。


もちろん、ドラえもんもある。


そそ、このミュージアムの壁にはね、

ドラちゃんのいろんな目があったりと、
入場する前からどんどこテンションあがりますがなー。


アタシが行った6月は
「ジャイアンフェアー」絶賛開催中。 ぼえー。

ジャイアンの誕生日が6月15日なんだとさ。

写真中央右に写っております
「きれいなジャイアン」をちょくちょく見かけるのだ。
(てんとう虫コミックス第36巻収録「きこりの泉」に登場するのだそーな。)


さて、ここのチケットもロッピーでしか買えなく、日時指定の完全予約制。

パンフレットをいただきまして読んでみると・・・

さーすが、
ドラえもんがいるので、
ネズミはダメなんだと。
細かいねぇ。

でもって、ジブリの森に続きまして、こちらも館内は撮影禁止。

たくさーーんの原画が展示してあるんだけど、
本物と、本物をずっと展示しておくと傷むということで、
複製もかざってあるんだが、複製の絵には「コピーロボット」が書かれているのだ。
これまた、芸が細かいぞぉ

ドラえもん、パーマン 、エスパー魔美、キテレツ大百科、などなどたくさん。
(ま、大人の事情なのか、怪物くんや忍者はっとり君はナシね)

外にでると、なんとパーマン1号と2号が


オバケのQ太郎もいるしー



ピー助もいるわよー。

残念ながら、ピー助には乗れない。。。ぬぅ。


これはひっそりと隠れるようにいたが・・なんだっけ?



ドラえもんに登場するよねー、土管。
もちろん登るさ〜。


3階のカフェのレジにドラちゃん発見。
このテープカッターは売ってなくて、レアもんだそーな。


ちなみにカフェは時間ナシで残念無念
お土産のみ購入したのだ。

ジャイアンシチュー

さて、マンガではゲキまずだったけどどうでしょう。。。

そして暗記パン

ラスクなので、持ち歩いていたら割れた。。。
こんな状態だと、ちゃんと暗記できそーにないなぁ

6時閉館で、4時入館だったから、なにせ時間が足りないっ。
マンガが置いてあったし、もっとじっくりと過ごしたかった。

最後はもっちろんショップでお土産を買う!

ジャイアンフェアーだしぃ〜

「世紀のビックスター ジャイアン」CD

(中にはコインチョコが入っている)

でもって、ジャイアンフェアーってことで・・・

ポストカードをいただいた

どうよ。

おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの・・・な!!

ことわったらぶんなぐる

むしゃくしゃしてたとこだ。一発なぐらせろ。

たまんないー
アタシもそうでありたいかもーん

ってことで、これまたスゲー楽しかった。
ぜひぜひ訪れてみてくださいナー。
でも、4時入館だとまったくもって時間足りないので、
もっと早い時間のチケット買ってくださいな。

そして、この後は肉を食いに都内に戻るのだ!

つづく・・・
(さて、続きはいったいいつになるか!)

びっくり東京 2012年6月 22:21 comments(3)
びっくり東京 高尾山編

東京2日目。
早起きして、高尾山に向かう。

ホテルの人に行き方を聞いて再確認し、
地元だっちゅーので、行き方についてアドバイスをいただき、
思っていたところではない、駅にて乗り換えをしていくといいよって教えてもらったのだ。

が、

教えてもらった駅で乗り換えの電車を待つ。
でもなんだか、電光掲示板や時刻表見ても、乗りたい高尾山まで行く快速?電車が
止まる気配がナシー。

しかーも、
電光掲示板では、それらしき電車が通る時間には、

pass

っていう文字が光っている・・・。

で、結局乗りたい列車が目の前を通過!!!

まじっっすかーーーーー

ぬぅ。

しゃーないので、新宿まで出てから、
乗り換えることに。

これで座れなかったらどーしてくれよう

って思ったが、
新宿から乗った電車は余裕で座れた

なので、怒りもおさまり レッツゴー高尾山。

ようやっと到着

奥に見えるは・・・
たぶんケーブルカーの駅。
途中まで、ケーブルカーやリフトで登れるのだ。

今回は、なななんと!!!
自分の足で高尾山に登るのだ!

出発。

こんな坂だと、まだまだ余裕。

が・・・

この辺りはまだ歩き始めて10分ほどか?
もうすでにあたくしバテております。
後悔しております

こったら上り坂をアタシ登り続けられるのか?
無理じゃないのか?
と、むっちゃくちゃ不安になっております。

でもねぇ、登るしかないし。。。

ってことで、汗だくになりながらもなんとか登ったわよ。

なーーーーんとかこんとか、
ケーブルカーの高尾山駅付近に到着。


アタシのがんばりが伝わる?
な、ぐらい眺めが良いでしょ。(曇りだけどさ)


ケーブルカーの高尾山駅には売店がありましてー、

前に、「嵐にしやがれ」で紹介されておりました、
天狗焼き



中身はねー、

黒豆でめずらしい。
一緒に行ったたかちゃんは、
この旅で一番うまかったってイッピン。
ま、アタシもこの高尾山で何かを食べるとしたら、オススメだね。

この時間は並ばずに変えたけど、
帰りに寄ったときは(たぶん・・・昼過ぎ)、行列になってましたわ。

さ、ここからはケーブルカーやリフトで楽ちんに登った方々と合流するので、
歩いている人がたくさーん。
さすが人気な高尾山。

「たこ杉」



たこ杉のすぐ横ある「ひっぱり蛸」

たこ杉を触れないかわりに、
こっちの蛸をなでるので、蛸の頭がツルツルリー。

「男坂」と「女坂」に分かれている道は
嵐も行ったし、「都市伝説の女」で長澤まさみちゃんも行った
「男坂」チャレンジ

でもね、もっと大変かと思っていたよ。
これなら、この後で登る薬王院での階段のほーがこたえるかもだね。


たしか、男坂登った後にあった売店。
ここも「嵐にしやがれ」にて紹介されてたね。
だんごを食う。

この状態でだんごを売っているお店をちょくちょく見かけたが、
ここいらの名物なのだろーかね。
だんごはウマイ。

松潤が食べていた
「冷やしきゅうり」みそをつけていただく。

以外と売れていたよーに感じたぞ。
(アタシには魅力的に感じないので、食うことはナシー)

いよいよ
「薬王院」につきまして天狗さんがお出迎え。



このでっかい穴を通り抜け
(モデル:たかちゃん)

「願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)」は、今話題の「パワースポット」なんだと。

願叶輪潜はご本尊様の智慧の輪です。願いを掛けながら輪をくぐりましょう。
そしてご本尊様に願いが届くように、大錫杖を高らかに鳴らしましょう。

とのことです。

高らかに鳴らすたかちゃん。

さて、願いはなんぞや。
でもって、アタシは何を願ったか・・・忘れた


ここにも天狗ハケーン。



おみくじひいてみたら、

末吉・・・。

確か、初詣の時も末吉じゃなかったっけ?

ぬぅ。

しかーし!
たかちゃんってば



ビックラでし。

聞いてみると、凶は3割はいっているそーな。

たしか、結果は7種類ぐらいあったから、そう思うと凶をひく確率って高い。
でもさぁ、お金払って機嫌悪くするってどーよ。
せっかくだから「凶」よりも「大吉」増やしたほうがいいと思うんだがねぇ。


その後、せっせか、山登り。

そしてよーやっとのこと到着したのだー。
山頂だぜぃ。



天気の良い日には、富士山も見えるんだと。


にしても、頂上にてお弁当広げて食べている人たくさん!
ちゃんとお弁当持参してきているのね。
でも、あまりの人の多さにビックリさー。
ケーブルカーやらリフト使って登ってくる人の方が多いと思うがね。

下りは吊り橋を渡ってみたかったので、4号路を通る。
1号路は舗装された路が多かったけど、4号路は山道。
山道を転げ落ちないよーに、慎重に下山。

吊り橋

揺れますぜぇ。

自然がたっぷり。



ちゅーことで、帰りもケーブルカーやらリフトに頼らず自力で下山。
(↑あーだ、こーだ行ってた割には、やりきったので自慢)

嵐が食べていたおそば屋さんがどこだかわからんかったので、
適当なおそば屋さんにていただく。
なにやら自然薯(ジネンジョ)がオススメらしく、それをいただく。

普通のとろろとは色が違うし、粘りも強い!

腹ごしらえもバッチリしたところで、
高尾山を後にし、次に向かうじは・・・

藤子F不二雄ミュージアムなのだ

                       つづく・・・



びっくり東京 2012年6月 21:56 comments(2)
びっくり東京 三鷹の森ジブリ美術館

前から気になっていたんだけど、
なかなか訪れることのできなかった

三鷹の森ジブリ美術館

14時のチケットを買ったんだけど、
10時、12時のチケットはすでに売り切れていたのよね。
平日だってゆーのにスゴイねぇ。

人形町からどーにかこーにか三鷹駅を目指し
三鷹駅からは美術館までは歩いて行くことに。
なにやら「風の散歩道」とのことで、気持ちよく歩くことができそうだったからね。

と、いよいよジブリ美術館到着。

でっかいトトロが出迎えてくれる

メイちゃんのように、抱きつきたいぞーーー
ってなサイズのトトロ。


そそ、建物の上には守り神がおります。

わかるかな?
ロボット兵が屋上にいるのよ。


美術館は、建物内は撮影不可
でも、外は撮影できたので、みんなロボット兵と記念撮影。



ちゃんとした作りになっててスゴイ
あとは、肩の上に鳥さんがいれば、さらによいのにね。



そのロボット兵の奥には・・・
これもラピュタよね。

バルス!!
ですな


壁の中にはまっくろくろすけもおりますでー。



これは、魔女の宅急便な絵が描かれてる窓。



これはね、手押しポンプ。
ちゃんと水が出るんだわ。



でもって、顔・・・?


手押しポンプと顔はね、
お土産ものとしても売られていて、何の映画に出てきた?って疑問だったのよ。

係のおねいさんに聞いてみたところ、

「映画には登場してません」

ですと。

なにやら職人さんが作ってくれたそーな。。。
ってことで、美術館限定のものってことですわ。

にしてもさぁ、美術館内、スゲーっす

映画の仕組みを学べる部屋では、
ちょいっとずつポーズを変えた人形がいて、
それが連続することで動いているように見えるっちゅーのを展示しているんだが
これがまた、トトロのキャラクターたちで、めっさかわいい

あと原画ってゆーのか?
映画のキャラクターたちの絵がたくさん貼ってある部屋があったり、
監督の部屋を再現したようなところもあったりと、
とーにかく、ジブリのキャラクターがあっちこっちにいるもんで
テンションがダダアガリッパナシー

アタシは・・・
ハウルが好きかな
ちょいっとダークな面もあったけどね。
陰のあるオトコ・・・悪くないじゃなーい


そそ、映像展示室「土星座」では短編のアニメが見られるのだが、
アタシが見たのは

「めいとこねこバス」

こねこバスがむっちゃかわええーーー。
さすがこねこサイズなので、メイちゃん体育座りなカッコで乗るのだ。
でもって、なななんと!!!!
ねこバス、こねこバス以外にも!!!!

年齢とともに?進化するみたいっす。

とにかくすんごくオモシロイ

あ、実際に展示してあるねこバス。
これは未就学児童のみ?
ま、大人なアタシはまったくもって無理さー。
まっくろくろすけ人形もたくさんあって、うらやましかったねぇ。

でもって、一番危険なポイント!
ショップですわー。

あれもこれもそれもどれもホシー。
困っちゃいます。。。

とりあえずいくつかゲッツして購入。
レジ終わって、何も買うふうではなかった同僚をさがすと・・・

レジに並んでいる!!!!

まーさーかーでビックラ。

さすがジブリパワー。

しかーも、
一度購入し、違うところへ行ってから、
やっぱりアレも欲しかったねと、また舞い戻ってくることになるショップ。
オソロシヤー。

ちなみにコレ買いました。

ロボット兵のアクセサリー置き。

ドラえもんはまた翌日の話ね。

なんと!
動きます。

バンザーイ


カフェ麦わら帽子は、気になったけど、待ち人いたし、時間もなかったので諦め。
ま、映画にちなんだものってことでもないので、いいかなと。


とにかく、ジブリ美術館ってば1000円でものすごぉーっく楽しませてくれます。
外国人の方もたくさんいらして、ジブリってスゴイ。

これは一度は行かなきゃダメだわ。
その際には、お土産には気をつけてくださいましー。


さてさて、帰りは吉祥寺駅を目指し歩く。
公園沿いを歩くので、こちらもいい感じで歩ける。

まだまだびっくり東京旅は続きます。


びっくり東京 2012年6月 23:24 comments(3)
びっくり東京 
さてさて、忘れないうちに旅記録をしておかないとね。

ちゅーことで、
朝7時30分発の飛行機にて旅立つ。

新千歳空港では、この7時30分の飛行機が朝イチ。
なので、空港行く途中に飛んでいる飛行機を見ることもナシ。
でもって、朝早いため、売店もろくに開いていないと思われるので、
試食の旅に出ることもなく、とっとっと搭乗口に行く。

1時間半であっという間に東京に到着。

今回のお宿は、ロイヤルパークホテル。
地下鉄半蔵門線、水天宮前駅直結。

と、ここにたどり着く前に、
なんでだ?
あーだこーだと話ていたら、降りる駅を間違えて、
1コ前の駅で電車を降り、しかーも改札まで通過。

ぬぅ。

たかちゃんが駅員さんに話してくれて、
間違えて降りたって事で、再入場にて、無駄銭を払わずにすんだ。

ありがたい。

その後無事にホテル到着。
部屋はこんな感じ。

キレイ。

けっこうおおきな立派なホテルで、
従業員さんたちも素晴らしく、とてーもお世話になりました。

チェックインはできないものの、
ホテルで荷物を預けて観光へレッツラゴ−。

まずはホテルのすぐそばにあります、


水天宮


いやー、さすが東京っていうのか?
こんなところに神社が??
ってな感じです。

でもここはまだ広いほうだった。

さてさて、水天宮。
安産・子授けなどの御利益ですな。

ってことで、

ワンコ。

まったくアタシは関係ないが、
一応なでなでしておいた。
親犬の頭と、子犬の頭が、なでられまくりでツルツルになっておりまする。

戌の日にゃ、ものすげーっっく、混むらしいですぞ。

アタシのまわりに、安産を願う人もいないしってことで、
お守りも買う必要もナシーってことで
神様にご挨拶だけして、シューリョー。


ちょうどお昼近くなったので、お昼ご飯を食べに、
東京軍鶏の親子丼で有名という

創業1760年という、玉ひでさんに行く。

11時半開店で、時計を見るとほぼその11時半。
すでに行列。
でも、平日だから?それともいつもそんなものなのか、
たいした待つこともなく店内へ。

先にレジにて注文をするのだが、
11時半開店なのに、早々に昼の部の一番お高い「匠親子丼」が売り切れ。
こんなに早々に売り切れるとは、数も少ないのだろうねぇ。

ま、アタシは最初から1800円もする親子丼は眼中にナシだったけどさ。

アタシは元祖親子丼にしてみた。
でも、これでも1500円。
なか卯何回行ける?


軍鶏ってことで、かめばかむほどいいらしい。

混むってことで、相席になるのだが、
あたしたちは茨城から来たというオジサンと同席に。

「田舎モン同士ですねー」
ってことで、話盛り上がる。

でも、茨城って東京から近いってーのに、なぜにそんなに田舎?
一応東京バージョンでしゃべっているけど、
普段の話し言葉は「だっぺ」とかで、イナカッペ。

ま、あたしたちも、やっぱり語尾でイナカッペがばれていたらしい。

親子丼は、うまかったよ。
やっぱりダシとかとろとろ卵とかはウマシ。

が、1500円で行列並んでまで・・・はどうでしょ。


その後も人形町観光。

人形町といえば、ドラマ「新参者」よね。
新参者で登場していたお店に行ってみたくて、


阿部チャンが買いに行っていた人形焼きのお店
重盛の人形焼

交差点のところにあるので、すぐにわかった。
なかなか人気な感じ。


あん入り、あんナシ、白あん入りなどなど、
意外にいろいろとありまして、
常温にて4日ほどもつってことで、お土産に購入。
が、ものすげーく重たく、後で後悔。


草加屋せんべい

第一回で登場した「あまから」というおせんべい屋さんだそーな。

こじんまりしたお店。
店先ではオジサン?おじいさん?がせんべいを焼いてた。
でもって壁には新参者とテルマエ・ロマエのポスターが貼ってある。



サインもたくさんね。


でね、ここでおせんべいを買ったのよ。
店先で焼いているであろうおせんべいと、小さい袋にいろんな種類が入ったものを購入。

おうち帰ってから見てみたら!
小さい袋の方は、製造元はこのお店ではなく
愛知県
だまされたーーーーー。
ぬぅ。


さて、せっかくだから明治座も見学。

え?
普通のビルに見えますがな。
いったいどういうことになっているのだ?

ちなみにこの日は浅野ゆう子の「黒蜥蜴」やっておりましたわ。


有名だという鯛焼屋さんの「柳屋」さん。

店先で焼いております。
平日だってゆーのに、こちらも行列。
みなさん、たくさん購入して行かれます。
1個140円。

焼きたてを購入し、そうそうに食らいつくと、
中のあんがものすげく熱くて大変。

お腹がイッパイだったからなのか、
アタシがあまりあんこが好きではないからなのか、
並んで待つほどウマイとは思えず。
これからすぐ買えるエスタの鯛焼きで十分かもーん。
あ、でも皮はパリパリだし、おいしいのよ。

で、この後は三鷹の森ジブリ美術館に行ったのだ。
ものすげーーーーっっく素晴らしい所だったぞ。
これはまた別にアップね。


さて晩ご飯は
なにやら東京ではゆうめいなうどん屋さんという

つるとんたん
六本木のお店に行ったら、やっぱり混んでいてこちらでも待たされ、
2階の落ち着いた雰囲気の居酒屋ちっくな方に通される。

イベリコ豚と新鮮お野菜のつけ麺

つるとんたん、
どれもこれーも器がでかい。
そしてお上品。
東京はオシャレねぇ。
つけだれがごま味がすげく濃くてウマシ。
試しにつけだれだけを飲んでみたら、あまりの濃さにむせたわよ。


次は、デザート。
ミッドタウンにあります・・・

Toshi Yoroizuka



ティラミスをいただく。

さすが、見た目もキレイ。
ティラミスと下はコーヒーゼリー。
1200円だっけな。
雰囲気にも飲み込まれ、
うどん食べてお腹いっぱいにもかかわらず
おいしくいただきました。


ってなことで、一日目終了。
飛行機の時間が早かったために、かなーり観光&食べ物楽しめたね。

まだまだ楽しむぞー。
びっくり東京 2012年6月 23:34 comments(2)
びっくり東京
先週末に、

東京へ遊びに行ってきたのだ。

JTBの旅物語、「びっくり東京」で、
2泊3日、ホテルをランクアップしたにもかかわらず
なんと!
23,800円!!
安いっ


ちゅーことで、

こんなとこや



山登りや




こーんなとこだったり、



登ることはできなかったけど、



会うことはできた



詳細は後日
びっくり東京 2012年6月 22:51 comments(2)
1/1
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

つなビィ
MY HOMEPAGE
PROFILE ~MARO&LATTE~

★★ まろ ★★

BIRTH 2003/10/28
毛布チュッチュ大好き♪やんちゃな弟に戦いをいどまれる毎日。でもボスの座は渡しません。たまごちゃんLOVE♪


★★ ラッテ ★★

BIRTH 2005/2/12
口に入ればなんでも??食べるの大好き♪まろ兄ちゃんだけには強いびびりん坊。まろ兄ちゃんが遊んでいるおもちゃを奪うのが得意。

NewEntry
Comment
Category
Archives
*Blog Roll*
Links
Profile
ネコ温度計
Favorite
Favorite
Favorite
Mobile
qrcode
Other